U-Select高松

U-Select高松の福家です 時計シリーズ2

普段使つている時計リュウズの交換をしました。

ロレックスの1968年式オイスターパーぺチュアル デイトジャスト (Ref.1601 Cal.1570)

購入したのは1996年位 元々は上司が持っていた物で、3人の手に渡り購入した時は、購入をためらう位、酷い状態でした、ロレックスにオーバーホールに出し、当時は文字盤、針も部品があり、黒文字盤に交換しました。バックルも壊れていて残念ながら現行の物に交換されてしまいました。

交換部品は、返送してもらいましたので、2度目のオーバーホール時何時もお世話になっている坂出の日進堂さんにお願いした折、元々のバックルに交換してもらいました。

購入した当初よりリュウズの噛み合いは浅かった。3回目のオーバーホールの時相手側のパイプ(ネジを切っている物)を交換。

したのですが、ついにリュウズが締め込め無くなり、交換となりました。

すでに新品部品は出ず、中古の部品を手配、横浜の店で最後の一個を購入、なんと税抜21,000円

工賃が入ると、そこそこの国産の時計が購入出来る、金額ですが、時計屋さんから、このムーブメントは100年は行けると聞いているので、息子が、ある程度の年齢になったら譲るつもりです。

今回も日進堂の荒川さんに感謝です。

何時もありがとうございます。